梶ヶ谷Blog


<< スイートオーブンが3/25で閉店 | main | ロングライフ梶ヶ谷 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
川崎国道事務所
川崎国道事務所と聞いて、何の事務所で何処にあるかすぐに分かる人は少ないだろう。私もそのうちの一人だ。
だが、コジマの裏手にあるでかい鉄塔のあるところと言えば、梶ヶ谷住民ならなんとなく分かるはずだ。
この鉄塔がについて、川崎国道事務所へ質問を行い、回答を頂いたので掲載する。

1.鉄塔建設の目的について
国土交通省では、国で管理する河川及び道路に係わる業務連絡や災害時の情報連絡手段を確保するために、国土交通省専用通信網(無線)を整備しており、全国にネットワーク化されています。また、内閣府・全国47の都道府県及び関係機関へも、無線回線が接続されています。ご質問いただきました鉄塔は、この国道交通省専用通信網の通信用鉄塔です。

2.建設年度、サイズについて
現在の通信鉄塔は、昭和61年に建て替えられた全長42m(地上高52m)の鉄塔です。それ以前の通信鉄塔は、昭和47年に建設(全長30m、地上高30m)されたものでした。

以上です。
回答して頂いた川崎国道事務所のご担当者様には、この場をお借りして御礼申し上げます。
| その他 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:43 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajigaya.jugem.jp/trackback/76
トラックバック